ロレックス、スーパーコピーを買ってはいけない、5つの理由。 

なぜスーパーコピーを買っていけないのかの具体的な理由をあげる前に、オマージュとコピーは何が違うのかの定義だけ上げておこうと思います。

オマージュとは、尊敬の気持ちを表したもの、賛辞、という意味を持つ言葉でもともとフランス語から来ているものです。インスパイアとまた違うのは、影響や感化されて、全く違う作品を作るのがインスパイア。オマージュは具体的にどの部分を使っているのかが明確にわかると言う意味で、インスパイア、とは違います。

そこでいわゆるコピー( 盗作)とオマージュの違いは、前者はオリジナル作品に敬意がなく露骨に流用・転用し、見せ掛けだけそして人を騙す為のそっくりな物を作りますが、後者はしっかりとした尊敬の念があり、本物を目指すクオリティーがそこには存在し、手の届きやすい価格帯そしてその自身のブランド名(責任も持って)で商品を提供しています。

例えばSteinhart。人によっては、これロレックスのパクリじゃね?って言う人は沢山いると思いますが、これは立派なロレックスのオマージュであり、スイスメイドにこだわるしっかりとしたドイツ時計ブランドです。

via https://www.steinhartwatches.de/en/

via https://www.steinhartwatches.de/en/

Steinhart/スタインハートの何がすごいって、マジで作ってると言う事です。ドイツ人ってすごい真面目な反面、変態なところがあるんですよね、そんな真面目と変態が表裏一体しているブランドです。

その他にも日本のブランドで、VAGUE WATCH Co.があります。こちらはヴィンテージロレックスをオマージュしているブランドで、とってもオシャレです。

via http://www.vague-w.co.jp/

via http://www.vague-w.co.jp/

VAGUE WATCH CO. / ヴァーグウォッチのこのヴィンテージ感良いですよねー、金、シブい。

上記の商品を見ていただければおわかりの様に、オマージュウォッチは私たちにとても手の届きやすい価格帯で商品を提供してくれているのです。これは僕の様に新品で90万、ましてやヴィンテージで何百万もするロレックスにポンと手が出せない人達や、まず手始めにロレックスを買いたいけど、オマージュ買って見て雰囲気を楽しみたい、と言う人達にはとても良いスタートポイントではないかと思います。

それではロレックス、スーパーコピーを買ってはいけない、5つの理由。

其の1

ロレックスのスパーコピーの価格って少なくとも1−2万しますよね?例えばその価格帯でとっても良いスーパリーズナブルな時計ってあるじゃないですか!そう例えば、SEIKO SKX007です。

ちなみに僕はSEIKO SKX009買いました。素晴らしい時計です。下記レビューで紹介しています。

まあ、スーパーコピーも物によっては1万以下で買えるのかもしれませんが、2万円以下で本物のダイバーズウォッチが買えるんですよ! Why not ?? じゃありませんか!僕は何百万もする時計を何個も持っているコレクター達知っていますが、ほとんどの人がこの時計持ってます。それだけ良い時計なんです。ロレックスのスーパーコピーの中身は中国闇マーケットで作られ、中身はクオーツしかも1年も持たずに止まるものもあります。

なぜ、そんなものに何千円も払うんですか? 

と言うことです。2万円以下で自動巻、200M防水機能が付き、しかもタフな時計がSEIKOブランドで買えると言う事実があるのです。

其の2

そう、信頼性とクオリティーが皆無な事です。

スーパーコピーはクラフトマンシップやクオリティーコントロールが当然ありません。もちろん、同じ工場で同じ会社が生産しているわけでもありません。そんな時計はパフォーマンスが悪いわけです。彼らが努力している部分は、どれだけロレックスに似ている商品を作れるかだけです。その中身を見てみると、それはとてもチープな中国製のムーブメントで ( 注:中国製が全て悪いと言うわけではありません)買った後にすぐ壊れちゃったよ、なんて経験はあるのではないでしょうか?

そんな物にお金を使うなんて勿体無いですよね。2万以下で整備無しで10年以上もつ自動巻の時計ありますよ。

其の3

犯罪組織を助けていると言う事です。

ロレックスのスーパーコピーはどこで作られているのでしょうか?誰が作っているのでしょうか?例えばそういった物を生産している工場で働いている、もしくは働かされている、そう言う人達やそうされている人達の雇い主にお金を支払っていると事実があると言う事です。その様な組織はスーパーコピーを作っているだけじゃありませんよね?他にも色々なビジネスをやっていて 、結果的にはそこにあなたのお金が流れるわけです。

其の4

次へと引き継げる洗練された歴史が無いと言う事です。

少し抽象的で申し訳ないのですが、腕時計のとても良い部分の一に、いつも身につけている腕時計はいつの間にかその人の1つのシンボルとして他人の記憶に残ると言う事です。必ずとも高価な必要はなく、何十年も保つ機械式腕時計は自分の息子や孫達に引き継ぐ事ができる素晴らしい歴史のメモリーになります。そうそれはまるで自分の分身の様に、何年も何十年も子孫へと語り継がれるプライスレスな物へと生まれ変わります。

時計製造は芸術だと自分は考えています。そんな高尚な部分はとてもスーパーコピーにはありませんよね。腕時計は男にとって唯一のアクセサリーだと言われていますが、その様な重要な部分を、フェイクで飾りますか?

其の5

自分の人格を大切にする気持ち、自尊心があるかどうかです。

自分も含め、まあ腕時計が趣味とか、無理せず買えてくる様な人達は、しっかりと働いていると思います。それはお金持ちやそうで無い人も関係なく、毎日一生懸命働いています。もっと良い環境や良い物を持つ価値が我々自身にはあると言う事です。なぜスーパーコピーで自分の品格を下げる様な事をするのでしょうか? 自分はもっともっと良い物を持つ価値があるはずです。

ロレックススーパーコピーを買ってそれを身に付ける事で、自分自身を軽視し、自分の価値を下げてしまっています。我々は、本物で高尚な、そして歴史のあるものを身につけられる価値が、自分自身にあると言う事です。

何度も言いますがそれは決して高いものである必要はありません。例えばオリエント、とても素晴らしい機械式時計を作っています。

via https://www.orient-watch.com/

こちらは、オリエントバンビーノ。海外の時計ブログなどでよく取り上げられているこの時計は、付けていると、とてもその価格には見えない品の良さがありクラシックな雰囲気を演出します。その上、自社開発の機械式ムーブメントで、オートマチック。もう言うことなしの時計&獅子ロゴですごくカッコイイです。

お手頃で価値があり、そしてそれがいつの間にか自分のアイコニック的なものなり、いつしかそれを自分の子供に託す事ができる。そんな素晴らしいストーリーが世代を超えて作れる事ができれば、そんなに嬉しいことって無いですよね。あげる相手は必ずしも子供の必要もなくて、友達や彼女でも良いわけです。ああ、でも彼女は別れたら時計売っちゃいますかね w?それでもいいじゃないですか、良いものは次の持ち主がきっと大切に使ってくれますよ。

僕はそう言う要素を持っている時計が大好きです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で