ROLEX DATEJUST 1601が優秀な5つの理由。

上にある2つのROLEX DATEJUST/ロレックスデイトジャストのリファレンスは共に1601です。左のようなライトブルーの文字盤のものは、あまり出回っていなく、ダークブルーの文字盤の物よりも需要があるように思います。右の白文字盤は、アンティークウォッチらしくクリーム色に変色しており、とてもいい感じの雰囲気です。

まず、このROLEX DATEJUST/ロレックスデイトジャスト REF:1601が秀逸な理由の一つとして、1.とても洗練されたデザインがあります。シンプルで、扱いやすいロレックスオイスターケース36mmは、アンティークウォッチを代表するようなサイズで、小さすぎず大きすぎない、日本人のリストサイズには丁度よく、最近の腕時計はケースサイズが40mmを超えてくるのが当たり前なのですが、実際この36mmはとても扱いやすいサイズです。特にこのROLEX DATEJUST/ロレックスデイトジャスト REF:1601はオイスターケース自体にしっかりとした厚みがありますし、フルーテッドベゼルもあるので全く小さく感じません。

このベゼルにも、ホワイトゴールドのフルーテッドベゼルの他にスティールのエンジンターンドベゼルなどがあります。個人的には、フルーテッドベゼルが好きなのですが、エンジンターンドベゼルもこの頃かなり気になります。

ロレックスデイトジャストは代々ベゼルだけでなく、秒針も、バー、ドルフィン、アルファなどなど、2. 様々なバリュエーションを持っていて、色を含め自分の好きな時計の形をカスタマイズできるという特性を持っています。これは例えば、ロレックスサブマリーナやロレックスエクスプローラーなど一種類もしくは2種類のチョイスしか与えない他のスポーツロレックスには無い特性です。

次に3. 多才力がこのROLEX DATEJUST/ロレックスデイトジャスト REF:1601にはあります。スポーティー or フォーマルはストラッ プ1つで全く表情を変えてしまう、ストラップモンスターです。

NATOベルト、革ベルト一つでカジュアルでもフォーマルでも両方いけちゃいますし、すごいカッコイイですよね。

アンティークロレックスなので4. 投資価値があるのも優秀な理由です。少し前までは10万円台で変えたデイトジャスト REF:1601ですが、今は一番安いものでも20万円台後半になります。

そして状態の良く、青文字盤のものは40万近くになっています。

優秀な理由の最後に5. 性能です。ムーブメントCal.1570は1970年代ハック機能が搭載され、Cal.1520のクロノメーター仕様のムーブメントで製造期間は1960年代半ばから1980年代後半まで。ロレックス社製ムーブメントの中でも、精度と耐久性のバランスが取れた傑作ムーブメントと言われています。

下記のものが今自分で一番欲しいやつです。え?なんで金?て思う方いらっしゃると思うんですよ。

でも。。。。

相当かっこよくないですか!??

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で