1万円以下のベスト自動巻腕時計

最近よく友達に聞かれるのが「1万円以下の時計でなんか良いのないの?」

と言う質問です。1万円以下だけに限定するとあまりにも範囲が広すぎてしますので僕は「自動巻とかで?」と聞き返します。すると「あるの??」と言ってくるので、「あるよん」

と答えてあげてます。そう言った質問をもらう友達や知り合いは、何もトラディショナルで高価なものを望んでいるのではなく、何となく自動巻の機械式腕時計に興味があり、スタートポイントとしてお手頃価格の時計を探していると言った共通点があります。 

そこで今回オススメする1万円以下のベスト自動巻腕時計は、SEIKO 5/セイコーファイブです。

少しだけこのSEIKO 5/セイコーファイブのバックグラウンドをご紹介すると、1963年に初代SEIKO 5/セイコーファイブがリリースされ、SEIKO/セイコーの腕時計発表50周年を記念して作られたと言われています。

ではなぜ 「5/ファイブ」と名付けたのでしょう?

それは5つの特徴がこのSEIKO 5/セイコーファイブには込められているからです。

それは、

  1. 切れないゼンマイ(ダイアフレックス)
  2. 耐震装置(ダイアショック)
  3. 自動巻き
  4. 防水機能
  5. デイ・デイト表示

SEIKO 5/セイコーファイブは、若い世代のためにデザインされ発表後一世を風靡し、以後、スポーツマチックファイブデラックス、ファイブデラックスなどシリーズ展開され、1960年代から70年代にかけて好評を博しました。*ウィキペディア参照 

そんな歴史を持ち、イノベーションをし続けるSEIKO 5/セイコーファイブが、1万円以下で買えるなんてすごいです。しかもタフで何十年も動き続けるんですよ(もちろんメンテ必要ですが)、もう感動しかありません。

下記のこのメタベルトのSEIKO 5/セイコーファイブとかシブいですよねー。

こんなミリタリー系も女子がつけても良い感じの腕時計だと思います。

伝統あるブランドの腕時計には歴史があります。そう言った歴史を辿っていくと何も高い時計ばかりが、歴史を持っている訳ではないことを証明してくれる、SEIKO 5/セイコーファイブでした。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で