YouTube与沢翼が面白すぎる

今年の頭からなんとなくリモートワーク、そして自分では望んでいない流れの中でPlusフリーランスというとても自由な響きの中で働き出していたら、急にコロナちゃんが全世界で蔓延しました。

世の中の流れとは少しだけ先に、zoom、slack、teamsと言ったリモートアプリに慣れていたおかげで、今あるようなリモートワークの成果物のみで自分の仕事の評価がされ、会社オフィスの中で空気感を読んだり存在感などで自身の仕事の評価がされていた環境からは違う現在の状況に、世の中の人よりは少しだけ早く順応しています。

おそらく今は多くの人が、会社で働くのって実は楽だった。上司はムカつくけど、それを愚痴ったりその後、気の合う仲間たちと飲みに言ってストレスを発散するそんな日常が必要だと思っている人は多いと思います。実のところ、会社にいると会議に出席する、上司と話す、取引先と電話する、部署内で打ち合わせをするなどなど目の見える成果物を提出しなくても良い仕事は数え切れないほどあるわけです。ただそれらの無駄と言われてしまうようなこと、極端な例をあげると、お茶飲みながら昨日のご飯の話とか、が意外と仕事をしていく中で思いがけない気づきになったり、意味がなくてもそれが気分転換になり、仕事の成果が上がったりするわけです。

家で働けるってイメージはBeforeコロナでは、通勤しなくていいし、アホな上司から逃れられるとかちょっと自由で楽できるってイメージは強かったのかもしれません。しかし実際のところお互いに見えないだけに、1日のスケジューリングがカチッと決められ、それに対し成果物の提出を求められ、管理のされ方としては以前より厳しくなり、コミュニケーションで笑いをとってごまかそうにも、zoom会議の時は決められたアジェンダの中で、項目を追って話している間にその隙はないのが現状かなと思います。

リモートワークは管理職のおっさん世代にとっても大変な毎日だと思います。最新のリモートワークアプリを使いこなすのだって大変だろうし、実際部長という役職の響きだけで仕事をしてきた人達は、自分の存在の大切さをzoomでアピールしようにも、どうしても彼らが過去にとった栄光をかざしながら語る雰囲気も作る事ができないので、人事からするとひょっとしてこのおっさん達はいらないんじゃないのかと考え始めている企業も多くなってきていると思います。

それでもやはりリモートワークと言った働き方は世界そして日本企業の中では緊急事態宣言が解除されても、広がっていくと思います。それはまずコロナはそう簡単に収束されないという現実と第2波、第3波と言ったWithコロナの生き方はどうしてもこの先1年以上は出てくるので、いわゆるハイブリッドな働き方になるでしょうし、いずれワクチンができて完全にコロナちゃんが世の中からなくなってもリモートワークの効率の良さは否定できません。そして何よりもこう言ったウイルスはまたいずれ出てくる可能性が高いと世界中の人間が今感じているのではないでしょうか。

では、今回のタイトル

YouTube与沢翼が面白すぎる

僕、あまり与沢さんの事は知らなかったんです。彼が日本でぶいぶい言わしている時はロンドンにいたので昔の悪いイメージ(これはあくまでも周りから聞いたお話です。与沢さんすんませんw)がないのですが、今の与沢さんのYouTubeはとっても優しい雰囲気の中で、ズバッと確信をつく世の中の動きに対する意見や、彼の過去の経験からのこれからの生き方など、とても面白い内容が盛りだくさんです。与沢さんの考えとしては、毎日続けるのが大事と言った考えの中で、動画の編集は一切しない。撮ったら直ぐアップするのでリアル感が半端ないです。ホリエモンさんや西野亮廣さんなど色々お気に入りなビジネス系のYouTube動画はあるのですが、与沢さんのは他とは少し違います。何が違うかは見ればわかるとおもいます。そうです与沢さんはおパンティー大好きです。

それだけ捉えてしますと、ただの変態かと思ってしまうんですが、本当に損得なしで彼の帝王学やビジネスの考え方などをとてもフラットな感じで語ってくれています、そこには何か有名になり名をあげようとか、世の中のやつはわかってない俺の話を聞けとか、そう言った部分がなくとても肩の力が抜けている動画です。今では僕のリモートワーク時のお気に入りのYouTuberとして楽しませていただいていますので皆さんもよかったら一度ご覧になってください。

テレビなんかはもうすでにオワコンの世界になり、NewsPicksなどのオンラインメディアをみている方も本当に多いと思うのですが、自分はよほど与沢さんのYouTubeの方が実践的で為になるとおもいます。もしこれから自分でビジネスを始めたいと思っている方や個人事業主やフリーランスに挑戦しようと思っている方にはぴったりな内容だとおもいます。

それでは今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で